アジアンプージャ・スタッフブログ

平成24年7月21日(土)大阪・高津宮で開催のインド・アジア世界のお祭り「アジアンプージャ」のスタッフブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニランジャナのドキュメンタリー上映会開催!

皆さんおはようございます!
はっとり亭マスターです

今週日曜日午後3時からShamaでニランジャナのドキュメンタリー映画の上映会を行います
結構な本数を上映します
ニランジャナに行ったことがない方にも現地の様子がよく解ると思います
是非とも皆さんご参加ください


★ニランジャナドキュメンタリー鑑賞会


インド、スジャータ村に裸足で生きる女の子たち、そして孤児たち。
この村を取り巻き、どんなことが起きているのか、セワサンガ代表の山中と、京都外国語大学のインドフィールドワークチームのメンバーらが追った最新映像6作品。

のどかな村の、けっしてのどかではない社会背景と、それでもたくましく生きる村人や子どもたちの力強さが伝わる作品ばかりです。現地を訪問したことのない方にも現地の様子や活動がよくわかる内容となっています。どなたさまもお気軽にご参加ください!

とき 9月23日(日)時間 15時~17時
交流会 17時~ 
場所 インドレストランShama
(〒550-0014 大阪府大阪市西区北堀江1-3-7 倉商ビル地下1階)
参加費 無料 
※交流会に参加される方は食事代1200円
(1品持ち寄り制 肉・魚・卵不使用のもの)

映像内容
①「インド・スジャータ村、~裸足で生きる女の子たちの素顔」約10分 
撮影:NPO法人ニランジャナセワサンガ
②「当たり前って何?」「気づくことの大切さ」「モノやお金より大切なもの」「社会の一員になるために」「私たちにできるボランティアは何か」計5作品 約50分 
撮影:インドフィールドワーク 京都外国語大学

予約・お問い合わせ:info@npws.org
主催:NPO法人ニランジャナセワサンガ
facebookページ

スクールの子

スポンサーサイト

チャリティライヴにお越しいただき、ありがとうございました!

こんにちは。
ASIAN PUJA2012でチャリティライヴを担当しました妹尾です。

3回目となる今回は、1部は松田陽子さん率いる「self」の方々のポップ
ス&ダンス、2部はインド音楽&舞踊をじっくり聴いていただくという2 部構
成になり、ヴァラエティに富んだ内容となりました。

サロードとタブラ
photo by 栗田英樹

ご来場いただいたお客様にも、日頃余り親しみがなかった種類の音楽に親しんで
いただける格好の機会になったかと思っています。
当日券も出て、約100名のお客様にご来場いただき、楽しんでいただきました。

南印古典舞踏
photo by 栗田英樹

舞台監督という、仰々しい役職名を与えられましたが、支えてくださったスタッ
フが有能で、司会はボランティアの2名の方々にスムーズに進行してい ただき
ましたし、音響は専門の方にずうずうしくもボランティア同然で依頼、アテンド
等補佐役も昨年も一緒に手伝ってもらったコンビ、ということ で、私のやるこ
とと言えばスケジュール管理(TK)くらいでした。
 それとても、インド音楽は即興演奏が大部分を占めるため、TKには柔軟に対
応していただけるので、さほど困難ではなく、進行も結局10分ほど遅 れただ
けで無事エンディングを迎えることができました。

サントゥール
photo by 栗田英樹

ですので、私自身、1部の方々の若々しい歌声や漫才師顔負けの爆笑トーク、
ポップなダンスに魅了され、2部のディープな舞踊の世界や一期一会の即 興演
奏の洪水に心身ともに浸り、この時間がずっと続かないものか…等と役目を忘れ
させられるほど、充実した内容を舞台袖で見聞させていただきまし た。

これもひとえに、御出演を快諾いただいた出演者のみなさま、そして会場で演者
と一体となって盛り上げていただいたお客様のおかげです。

本当にありがとうございました!!

来年も素敵なプログラムで、素敵な出会いがあることを祈念しつつ…

実行委員  妹尾純充

ASIANPUJA2012ありがとうございました!

こんにちは。章代です。
日本の子どもたちは夏休みに入りましたね。
日増しに暑くなっています。

7月21日に開催したチャリティイベントASIANPUJA2012in高津宮は、支えてくださった皆様のおかげさまで、大成功となり、チャリティライヴのほうにも、またブース出店のほうにもたくさんのお客様にお越しいただけました。

PUJAには90名あまりのボランティアにお手伝いいただき、
日頃インド、ニランジャナスクールのために何かしたいという想いのある方々が力を結集させました。


今回もまた数ヶ月間かけて準備したこのお祭りをやり遂げて実感したことは、「つながることの力」です。
たくさんプログラムがあるなか、どこを人にPRしたいか迷うほどの内容でした。
本番10日前になって、各種プログラムの予約は埋まってきていたのですが、肝心のチャリティライヴの予約が例年に比べほとんどないに近い状態でした。
まさかそんなはずは・・・
WEB、折込チラシ、各種インド音楽系イベント等に十分に広告、宣伝してきたはずなのに、なぜ・・・。
実際チラシ配布数も前々回に比べ多くなっていましたし、雑誌やインターネットラジオ等でも告知しました。

これからもっとお客様が増えるはず!と信じて待つんですが相変わらず予約が入らない・・・去年、おととしは大好評で当日席を心配したくらいだったのに。
そこで周囲にちょっとした緊急事態を発令し、チャリティライヴの魅力を周囲に伝えてもらうよう、ボランティアのみなさんに協力を要請しました。
100名(座布団席含め130名)の定員のなか、3日前になってもまだ予約が20数名という状態で正直どうなることかと思った私は、友人や家族や親戚にまで協力をお願いしました。
またこれまで一緒にPUJAの準備を頑張ってきた実行委員会メンバーも同じことをして必至で頑張りました。
困ったときの神頼みで、クリシュナに助けを真剣に求めました!


そして当日、ちょうど100名の来場者にお越しいただきました!!

今回協力してくださったたくさんのボランティアの方、来場者の方々のご協力なくしては、PUJAの成功はありえませんでした。
お客様は自然にやってくるものではない。
絆を通じて、みんなの力が結集し、その努力を神様が後押ししてくれたからこそ実現できたことだと思います。

だからこそ、今年は例年にも増して、PUJAに関するすべてのことが上手く行くことの「有り難さ」を文字通り実感しました。
有難いからありがとう!!
こんなにもPUJAを支えてくださった皆様に心から感謝したいと思えたことはありません。

ありがとうございました!!!

PUJAの収益金はスジャータアシュラムプロジェクトの運営費として寄付されます。

PUJAのドキュメンタリー映画&トーク企画では、この3月に私が撮影したスジャータ村の女性たちのドキュメンタリーを関大の学生の浩大さんが編集し、無事上映させていただくことができました。トークのほうも「すごくよかった!」と皆様に喜んでいただき、本当に感謝の気持ちがいっぱいです。
この企画を通して本当に伝えたかったことを来場者の皆様に伝えることができました。3回目のPUJAですが初めての試み、大成功に幕を閉じました。

打上げの会場でインド古典音楽シタール奏者のJさんが「人、1人に動いてもらうことは本当に本当に大変なことだということを知っている。それをやっているみなさんはすごい」とコメントしてくださいました。
この言葉がまさに、準備で泣き、笑い、怒られ、投げ出しそうになりながらもみんなであきらめずPUJAを続けてきた汗と涙の結晶のように感じました。


章代

このブログについて

みなさんこんばんは!
はっとり亭マスターです。
(このハンドルを変えようと思ったのですが思いついた新しいハンドルが「アンジェラ・アキ竹城」だったので止めました。)

今まではプージャが終わると次回開催決定までブログはお休みしていたのですが、今後はずっと継続して行こうと思っています。
ニランジャナのイベント告知や報告、スタッフ紹介、インド現状と豆知識など書いていきたいと思っています。
皆さんどうぞ今後もこのブログをお気に入りに入れていただき、定期的にチェックしてください。

よろしくお願いします。

ライブのシンボルアート

なお主催者側からのプージャ収支報告などは今後このブログでご報告いたします。

プージャ!プージャ!プージャ!

皆さんこんばんは!
はっとり亭マスターです

プージャの打ち上げと後片付けを終えて帰宅したのが翌日12時半。
日曜は早朝から夜8時過ぎまでみっちり仕事。
本日はお休みだったのですがダウンし寝込んでしまいました。
プージャに参加いただいた皆様は大丈夫だったでしょうか?

ものすごく動いてむちゃくちゃ汗をかいて経口補水液を浴びるほど飲んで、大学生のボランティアに負けないよう働いたらこの体たらく。
もう若くはないのですね。
次のプージャでは老体は大人しくする事にいたします。

さて、プージャの事。
おかげさまで天気に恵まれ多くの方に訪れていただきました。
正確な来場者のカウントはしていないのですが、昨年のプージャよりも多くの方が来て頂いた様に感じました。
本当にありがとうございます。
ちょっとだけレポートさせていただきます。

楽笑さん

①チャリティーライブ
チケットでずっとやきもきしていたのですが100名以上の方にきていただき大成功でした。
松田陽子さんをメインに迎えた第一部、インド音楽と舞踏の第二部ともに盛り上がり皆様に楽しんでいただきました。
②ドキュメンタリー&トークライブ
おかげさまで満席になり、多くの方に映像とトークを聴いていただけました。
スピーカーの方のお話に感銘を受けたと言う声をいただきました。
③ワークショップ&こどもワークショップ
ガンジーチャルカ(糸車)などのワークショップは多くの人に参加していただき盛況でした。
またインドのこどもたちとの中継には、日本側も多くの子供が参加し楽しく交流しました。
アースフードカフェも満席でお茶を楽しみながら真剣な討議が交わされました。
来援にはもっと規模を大きくできたら良いなと思いました。
④ブース
74ものブースに参加していただきました。
インドレストランShamaのブースはずっと行列が絶えない大盛況。
いろんなジャンルのブースが立ち並び高津宮を埋め尽くしました。
多くの方に楽しんでいただく事ができました。
⑤フリーマーケット
たくさんの商品が集まり、多くの商品が売れおかげさまでちゃんと寄付することができました。
私の出品した楽器も全部売れましたよ。
⑥音曲パラダイスショー&アートバルーン
今回最も来場者の印象に残ったのがケセランさんと楽笑師匠でした。
会場を盛り上げる練り歩きにプログラムの広報やこどもや来場者への声かけ。
本当にずっと動き続けられ八面六臂の大活躍で大好評でした。
来年もぜひご参加いただきたいです。

打ち上げ

会場を見ていて思ったのが、来場者やスタッフ・出演者の皆さんの顔がみんな楽しそうだったこと。
真夏のかんかん照りにもかかわらず、とてもゆったりした空気が流れていました。
大阪最古の神域の力、スタッフ・参加者の思い、来場者の期待など全てがミックスされて幸福な化学反応がこの空気を生み出したのだと思います。
設営まではもうプージャはいいやと思っていたのですが、この空気を感じると来年もできたらなと思ってしまいます。
来場者の皆さんにこの空気を、インドには支援を届けることができるならばまたがんばろうという気持ちになるのです。

皆さんに平和と愛を!

 ホーム  »

Calendar

« 2016-09 »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Categories

Monthly

Appendix

アジアンプージャ実行委員会

アジアンプージャ実行委員会

平成23年9月23日(祝)大阪・高津宮で開催のインド・アジア世界のお祭り「アジアンプージャ」のスタッフブログです!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。